わたしたちのつくば東京教会は

03_home_image_opt

1987年5月3日、土浦市のある在日韓国人所有の倉庫で、森田日出夫牧師と尹三悦伝道師の導きによって、つくば地域で初めての韓国人礼拝が持たれました。筑波大学の韓国人留学生たちが中心となったこの集まりから、つくば東京教会の歴史は始まります。大韓イエス教長老会クァンソン教会の支援によるこの小さな群れは、在日大韓基督教会東京教会の全面的な援助によって、1988年に「在日大韓基督教会つくば東京教会」という名前で正式に出発することになり、現在の場所に教会堂が建てられました。

以来今日に至るまで、つくば東京教会は、国際研究都市であるつくば市の韓国人教会として、地の塩・世の光の役割を果たすようにと、祈り続けています。創立時には留学生が中心でしたが、現在では韓国人、日本人、在日コリアン、中国出身の朝鮮族など、様々な出自を持つ人々がイエス・キリストの名によって一所に集まり、礼拝を捧げる意義深い教会となりました。小さいけれども信徒ひとりひとりの顔が見える、家族のような教会、生ける命の水を求める人々が集まる憩いの場のような教会、飾ることのないそのままの姿で主の前に集うことの出来る場所…二重言語の教会、そんなわたしたちのつくば東京教会に皆さんをお招きします。

  • 集会案内  /
    日曜学校(幼稚・小学生):10時
    日曜 中高校生 聖書勉強: 10時(日本語)
    青年会:毎週土曜日
    日曜礼拝:11時15分
    水曜祈祷会:水曜午後7時30分

在日大韓基督教会(KCCJ)とは?
在日大韓基督教会(Korean Christian Church in Japan)は日本最初の朝鮮(現在の韓国)人教会として、当時の朝鮮長老教会と朝鮮メソジスト教会との超教派的な協力によって、1908年に設立されました。現在、5つの地方会のもと、約100の教会と伝道所を統括しており、世界教会協議会(WCC)、世界改革教会連盟(WARC)、アジアキリスト教協議会(CCA)および日本キリスト教協議会(NCCJ)のメンバーシップ教会であり、日本キリスト教団(UCCJ)日本キリスト教会(CCJ)及び本国の八つの教団と宣教協約を結んでおります。